太陽光&蓄電池

太陽光 蓄電池はいらない?必要かという問題に対し設置者の管理人が語る!

投稿日:2019年8月22日 更新日:

太陽光と蓄電池は、いま必要か?問題。

まぁこれ、太陽光や蓄電池に限らず、どんな家電製品に対してでも起こりうる問題です。

自宅に太陽光と蓄電池を設置した管理人からすれば、「必要」という結論になるのですが、それだけだとただの1人のおじさんの価値観の押し付けでしかないので、「必要としない」人々の意見も踏まえ、それでもなぜ設置に至ったかご紹介していきますので、是非とも参考にしてみてください。

太陽光 蓄電池はいらない?

太陽光&蓄電池はいるいらない論争に答えはありません。

なぜならそれは、個人の価値観だからです^^;

とはいえ管理人は「いる派」なので、ここでは「いらない派」の方々の意見もしっかりと見ていきたいと思います。(というか管理人も元々はいらない派だったんですが・・)

ということで、知りたい時の知恵袋!

「太陽光 蓄電池 いらない」で知恵袋を検索したら、すぐに出てきました!


(ヤフー知恵袋)

↑という感じでした。

みなさんそれぞれが抱くリアルな回答をしており、とても参考になります。

ちなみに「Yahoo不動産」というサイトも見てみると・・


(Yahoo不動産)

↑こちらは太陽光以前に、お隣さんの「言い方」がそもそもお気に召さない感じですね^^;

基本的に、価値観の押しつけは争いを招くだけなので、特にご近所さんとの会話にはお互いに注意を払うべきだと管理人は考えます。

話は戻って、「太陽光と蓄電池」を「いらない」という意見の方々に共通するのは「儲かるか儲からないかの視点で見ている」ことが挙げらるといえるでしょう。

電力会社に自家発電した電力を「売電」し買い取ってもらう制度があるので、そこでどれだけ儲けられるのか?そして、その儲けたお金は太陽光パネル代や蓄電池代を何年くらいでペイでき、さらにそこからプラスの収入をどのくらい得られるか?

ここの視点の上で「いるかいらないか」を判断した結果、「いらない派」になっていると見ることが出来るのです。

正直なところ、その視点でいくと、管理人も「太陽光&蓄電池」は付けない方が良いと思っています!

「太陽光&蓄電池」は不要です!なしで良いです!

(は?こいつ自宅に設置しといて何いってんの?!とお感じだとは思いますが、次で管理人の真意をお伝えします。汗)

太陽光 蓄電池の必要性は?

「太陽光&蓄電池」の必要性。それには2つの視点があります。

  • 設置すると儲かる
  • 設置すると災害時助かる

↑上記のどちらかくらいにしか、「太陽光&蓄電池」をつける必要性を見いだせないのがリアルなところでしょう。

まさか「なんかついてるとカッコいいから必要かなと感じる!」なんて人はいないと思っています。

で、先程もお話した通り、「設置すると儲かる」からその必要性を感じる、という場合は設置しないべきです!

なぜなら、もはや儲からないからです!

【関連記事】太陽光の余剰買取には蓄電池が必須!でも買取価格は抑制ぎみ?噂の真相は?>>

↑こちらの記事でもお伝えしていますが、電力会社の買い取り価格は年々下がってきています。買い取り制度がスタートした2009年は「1kwhあたり48円」で売電できたんですが、2019年では「1kwhあたり24円」での売電となっています。

たしかに最初の方に太陽光を設置して売電し始めた人たちは儲けることが出来ましたが、2019年以降から設置しても儲けることはできません。

今後さらに買取価格が下がっていくと、「太陽光と蓄電池」に出した費用を売電で手に入れたお金ではペイできずに損をする可能性だって出てきます。

アドバイザー
アドバイザー
お金儲けだけを考える場合は設置しないことをおすすめします!
で、管理人が設置した理由は、「設置すると災害時助かる」からその必要性を感じると考えたからです!

日本ではよもや、いつどこで巨大地震が起きてもおかしくないと言われています。

そうした大災害が起きると、早ければ3日ほどで電気は再開すると言われていますが、遅ければ2週間以上も電気が来ない可能性が高いです。

そうなると、避難所生活となります。

管理人ぐらいプライバシーを確保した人間にとっては、避難所で見ず知らずの人たちとお互いに丸見え状態で何日も過ごすのは絶えられません・・

最悪、自分ひとりならまだ我慢できるかもしれませんが、家族のストレスも考えると、どうにかして避難所生活は避けたいと考え始めたのが設置に至った本音です。

それに、当然ですが毎月の電気代が安くなります^^

このように、「何に」視点を置くかによって太陽光と蓄電池の必要性は大幅に変わっていきます

アドバイザー
アドバイザー
太陽光と蓄電池があれば、現代の情報取得ツールであるスマホの充電が出来るのはもちろんのこと、自宅のテレビで災害情報なんかも随時見ることができます!
ちなみに将来的には太陽光から水素も作ることができるようになるそうで、太陽の力の偉大さを痛感しています^^;

太陽光 蓄電池|あとから増設可能?

といったことから、家を建てた時には「太陽光&蓄電池」を付けなかったけど、あとから増設する人たちもたくさんいます。

ちなみに、管理人が家を建てた際のハウスメーカーの営業マンは20年前に家を建てた際には「太陽光&蓄電池」がまだ一般的でなかったのもあり付けていませんでしたが、今から10年前に後付けしたと話していました。

営業担当
営業担当
私は「後付け派」です!
やはり、いつくるか分からない巨大地震に備え、できるだけ自宅で自給自足の生活をするために設置しました!
とはいえ別に、営業マンは太陽光を一切すすめてきませんでした。まさに個人の価値観がどこの視点に置かれるかで決めるべきだと営業マンも思っていたのでしょう。

↑参考程度になってしまいますが、管理人宅の「太陽光&蓄電池」の価格はセットで約300万円でした。

後付けする際もこれと似たような価格となることでしょう。

ちなみに蓄電池の容量が「12kw」となっていますが、これは家庭用でも大きい方なので値段も張っています。

目安としては、災害時に使う家電の電力を考えた時「4kw」で1日を過ごすことができると言われているので、後付する場合は4Kw~5kw以上のものをつけることがおすすめです。

太陽光 蓄電池|買い時はいつ?

もし、「太陽光と蓄電池」を後付けする場合の買い時はいつが一番良いのかも、購入を考える時には悩みどころです。

管理人の個人的な意見を述べますと、設置したお気持ちが湧き出てきたのであれば、すぐにでも動くことをおすすめします。

その理由は、

  • どこのメーカーの「太陽光と蓄電池」を置くか決めるのに時間を要する
  • 決まってから実際の取り付けまでに時間を要する
  • まだ国は「売電制度」をやめていないので、制度が終わる前に設置すれば多少のお小遣いが入る
  • 一番は、30年以内に80%の確率で巨大地震がくると政府の地震調査委員会が発表しているので、いつ来ても良いようになるべく急ぎたい

↑このように、「太陽光&蓄電池」の買い時のタイミングは、どうせ買うなら早めの方が無難と考えています。

「売電」で少しでも得をしたいという場合も踏まえると、毎年毎年電力の買取価格は下がっていっているので、どうせ設置するなら早ければ早いほうが良いのは明らかです。

太陽光 蓄電池|組み合わせが大事

基本的に、今後「太陽光」を後付けするにあたり「蓄電池」の設置はマストです。

もはや「太陽光」の電力を売って儲けられる時代ではなく、太陽光は自給自足をするために設置する時代。

となると、昼間にたっぷり浴びた太陽光を溜めておける蓄電池がなければ始まりません・・。

アドバイザー
アドバイザー
太陽光は設置したけど蓄電池はなし。
となると災害時には何の役にも立ちません!

 

たしかに太陽光だけでも昼間は電気が使えますが、被災した際に一番灯りが欲しいのは、真っ暗な夜です・・

 

精神的にもものすごくストレスのかかる中で、夜に電気を使えるというのは心の支えになります!

一般的に、太陽光と蓄電池の組み合わせは、同一メーカーのものを使うのがよしとされています。同じメーカーの方が親和性が高まるからです。

ですが、予算の関係や業者にしか分かり得ない、違うメーカー同士の親和性もあります。

正直、プロじゃないと判断できかねる部分なので、業者に色んな組み合わせで見積もりをもらったほうが無難です

太陽光 蓄電池|追加時の注意点

既に太陽光だけは設置してある場合でも、蓄電池だけ追加することが可能です。

ただし、一軒一軒でどの蓄電池が一番効果が出るかが変わってくるので、このあたりもプロに相談もしくは見積もってもらうことをおすすめします。

で、個人的に絶対におすすめできないのが「中古」の購入

太陽光にしろ蓄電池にしろ、家電製品には変わりありません。

アドバイザー
アドバイザー
どこの誰がどのくらい、どういう使い方で使用してきたか一切不明な中古品を自宅に設置するのはデメリットしか見えないです・・
正直、管理人自身はほとんどのものが中古で良いと思っています。乗っている車も10万キロ走った後の中古車です^^;

そんな管理人でも、「太陽光&蓄電池」に関しては新品一択でした。

中古でも数十万円するのが当たり前な中、買ってすぐに寿命がきましたでは話になりません。。

まとめ

  • 「太陽光と蓄電池」を「いらない派」は「儲かるか儲からないかの視点で見ている」ことが挙げらる
  • 「太陽光と蓄電池」を「いる派」は「設置すると災害時助かる」ため、その必要性を感じている
  • もし設置を考えているのであれば、30年以内に80%の確率で巨大地震がくると政府の地震調査委員会が発表しているので、いつ来ても良いようになるべく急いで設置することをおすすめ
  • 太陽光だけの設置はほとんど意味がないので、蓄電池とセットが今後の主流となっている
アドバイザー
アドバイザー
もしも太陽光と蓄電池を、今の自宅に追加で設置を検討しているのであれば、まずはプロに相談するか、色んな角度からの見積もりを出させて選択していくことが手っ取り早いです!

太陽光&蓄電池|まずは相談>>(すべて無料)>>

-太陽光&蓄電池

執筆者:

関連記事

太陽光と蓄電池の性能を解明!容量によって寿命や耐用年数に違いはある?

注文住宅を建てた管理人の経験から、当ブログでは「太陽光と蓄電池」の必要性も説いています。 管理人自身、「太陽光と蓄電池」をつけるかどうか悩んでいた際、ネット上で色々な情報を集めてみて周りましたが、こう …

太陽光や蓄電池を推してるハウスメーカーを公開!展示場を周って思うこと

世界的なエコ文化の流れや、政府の政策的方針を受けて「太陽光&蓄電池」を設置する家は年々増えていっています。 かくいう管理人も家を建てる際に「太陽光&蓄電池」を導入したひとりです。 まだどのハウスメーカ …

タイナビの口コミ評判は?太陽光と蓄電池の見積費用の結果を公開!

世界的な流れを受け、国の方針では「省エネ住宅」推進の気運がより高まっており、2020年以降は省エネ住宅に該当しない家の建築はできなくなると言われています。 先日、台風15号が関東を直撃した影響で数万世 …

太陽光と蓄電池とは?併用が今後の主流に?政府発表の見解踏まえて解説!

再生可能エネルギーという言葉が普及してきた昨今。 その最たるものが「太陽光発電」ということを知っていましたでしょうか? 古代では太陽のことを「太陽神」だなんて偉大な言い方をしていましたが、産業革命以降 …

太陽光 蓄電池の費用対効果は絶望的?タイミング次第で元が取れるワケは?

管理人が太陽光&蓄電池を設置したのには、まずひとつ「大地震などの災害が起きた時、避難所ではなくいつも通りに我が家で過ごしていきたいため」という大きな理由があるのです。 費用対効果はとは、その名の通り、 …